読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hobo Fintech

Fintechに関する偏ったニュースを毎日お届け。

ほぼ日刊Fintechニュース 2016/04/11

FintechベンチャーFinatext社とビッグデータ領域における協業開始カブドットコム証券】

カブドットコム証券株式会社は、2016年4月14日(木)(予定)から、累計200万件以上にのぼる個人投資家の銘柄予想を蓄積するスマートフォンアプリ「あすかぶ!」を運営する株式会社Finatextの提供により、個別銘柄の値動きやFinatext社独自のデータを利用した個別銘柄のランキング情報として「ソーシャルモメンタム」を配信いたします。

またFinatext… 最近Finatextの回し者ではないかと疑われるくらい取り上げていますが、
まとめると、

提携先 アプリ/サービス名 概要
カブコム - ソーシャルモメンタム情報の配信
楽天証券 あすカブ 株価予想コミュニティアプリ
楽天証券 楽ラップ ロボ運用ラップ口座
YJFX! かるFX FX予想コミュニティアプリ
BTMU Fundect 投信選びサポートアプリ
Reuters - 市場分析サービスの開発

楽天証券、マレーシアに進出 現地投資家向け日経新聞

楽天証券はネット専業証券で初めてマレーシアに進出する。8日にマレーシアの大手証券会社ケナンガと合弁会社を設立。現地の投資家向けにネット取引システムを提供する。将来的にはマレーシアのリテール市場で2割程度のシェア獲得につなげたい考えだ。  合弁会社の本社はクアラルンプール市に置く。出資比率は楽天証券が50%、ケナンガが50%となる。手数料を現地の最低水準に抑え、当面はマレーシア株を取り扱う。

1秒間に1千回…株の超高速取引規制へ 金融庁朝日新聞DIGITAL】

金融庁は、1秒間に1千回前後の頻度で株を取引する「超高速取引(HFT)」の規制に乗り出す。先行する欧州や米国を参考に、今月から有識者会議の金融審議会で規制のあり方を話し合う。株価の乱高下を防ぐ狙いだが、市場関係者から反発も出そうだ。


「パナマ文書」解析の技術的側面 【Medium】

世界中で話題になっているパナマ文書。各国で政権を揺るがすような事態にもなっていますが、純粋にデータとしてみた場合、これは計算機やデータ解析に関わる人々にも面白いものだと思います。


Tech

Try! Swiftで感じた将来 - クックパッド開発者ブログ

Appleのオープンソース開発言語SwiftをAndroidに採用?ITmedia
プラットフォームを持つ企業こそが、シリコンバレーで最も影響力をもつ 【TechCrunch】

今、SI業界に新風が吹いている

kintoneよいよ。


ネタ

東証ってどんなところなの? 実際に行ってみた (1) 数字がぐるぐるまわる「チッカー」って何?

香港出張レポート!

貯金3億円男★大先生のFXにおける損が5億円を超えたそうだ。 【個人ブログ】
VOYAGE GROUP、マンガ・アニメに特化したコミュニティーサービス「マンガペディア」をリリース…世界初のマンガ・アニメの「百科事典」を収録 【Social Game Info】

マンガペディアは、あるマンガを読み終えた後に抱く、「似たような新しいマンガを知りたい」「マンガを通じて知った実在人物についてもっと詳しく知りたい」などの想いの実現や、マンガを通じた新たなコンテンツとの 出会いや発見をミッションとしており、精度の高い検索やレコメンドなどを有している。単純にシステム的な情報を提供するのではなく、編集者の手によってキーワードを関連付けするなど人の手も介すことで、ユーザーが欲する情報により近い情報を提供する。

どのぐらい強いの?ポーカー世界チャンピオンと真剣勝負してみた - りょーすけネット

最後まで読んで欲しい。