読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hobo Fintech

Fintechに関する偏ったニュースを毎日お届け。

ほぼ日刊Fintechニュース 2017/02/09

Instapaperがトラブってる日にかぎってニュース充実。

Fin

三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低」に 【日本経済新聞 有料会員限定】

 三菱UFJ国際投信は株式などで運用する投信4本の運用手数料(信託報酬)を業界最低とする方針を固めた。ライバル各社が対抗して手数料を下げても、連動して「常に最低」を実現する。個人投資家のメリットは大きく、投信の運用方針や実績に応じた選択肢が広がりそうだ。
 対象はインターネット専用投信「eMAXIS」シリーズのうち4本。国内外の株式、債券で市場平均並みの収益を狙う「パッシブ型」投信だ。
 東証株価指数…

ロボアド終了のお知らせか?競争を放棄して高値安定を狙うのか…?

投資信託しかない!

投資信託しかない!


20年の決済予測、じわり増す中国「アリペイ」影響力 【日本経済新聞 有料会員限定】

 日本の決済システムは、新技術や新サービスの登場で今後も変わっていく。特に東京で五輪が開催される2020年は、多くの訪日外国人をカバーすべく大きな変化が起こっているはずだ。三つのシナリオを描き、2020年の決済を予想する。
 2020年までに激変する日本の決済システム。その変化のシナリオは三つ考えられる。
 1.QRコードを使うものなど新手の決済サービスが普及、2.非接触IC決済端末が「Type A/…

「金融、もっと当たり前に」お金のデザイン北沢COO 【日本経済新聞 有料会員限定】

 「投資家=高齢者」の日本で、従来の概念にとらわれない新たな投資家が誕生しつつある。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックのベンチャー、お金のデザイン(東京・港)が昨年2月から始めた資産運用サービス「THEO(テオ)」は利用者全体のほぼ9割が投資初心者。20~30歳代の若年層も6割近くにのぼる。フィンテックの台頭は、投資を取り巻く情報、コスト、サービスに変化の波を起こしている。日本で「貯蓄か…

ロボアドバイザーの資産運用革命

ロボアドバイザーの資産運用革命


ワークスアプリ、AI研究所を徳島に開設 【日本経済新聞 有料会員限定】

■ワークスアプリケーションズ 徳島市に人工知能(AI)の一種である自然言語処理(NLP)に特化した研究所「ワークス徳島人工知能NLP研究所」を開設し、業務を開始した。AIを活用した統合基幹業務システム(ERP)「HUE」に研究成果を取り入れるほか、優秀なAI人材の採…

中部証券金融社長「踏ん張っても傷大きく」 9月に自主廃業 【日本経済新聞】
ウェルスナビ(WealthNavi)の評価・評判!SBI証券と同じサービス? 【ネットで資産運用!?お金を増やすノウハウ集】

良まとめ。

金融マンは何のために存在するのか? 他人事は自分事というプライド 【週刊現代】
人工知能による自動化が進むゴールドマン・サックス、人間のトレーダーは600人から2人へ 【GIGAZINE】
国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2016年) 【市場調査とマーケティングの矢野経済研究所】

Tech

小さな目標に向けて1万円から投資できる、ロボアドバイザー「クロエ」がローンチ | TechCrunch Japan

ずいぶんと待たせたな。


“地域電子マネー”で地方活性化--マネーフォワードとフェリカが業務提携 【CNET】
モバイルアプリでカンボジアなど新興国の農家の資金管理を助ける「Agribuddy」、iSGSや加藤順彦ポール氏らから73万ドルを資金調達 【THE BRIDGE】
ウェブブラウザで「Pepper for Biz」の開発ができるクラウドサービス「Scenaria」 【CNET】

お堅い話をやわらか〜く 福岡フィンテック事情ひもとき鼎談@うどん屋

ネタ

ポケモンGOのバレンタインはアメ2倍&ピンク色の出現率向上💝 ルアーは6時間持続に延長🍬。2月15日まで期間限定 - Engadget Japanese

ラッキーじゃ足りない。歩けないんだ、もう。


カカクコム、超高収益企業が直面する「異変」 - 上場来初の「下方修正」、何が起きているのか 【東洋経済】
【実績公開】「ロボアドバイザー投資」のおすすめサービスを比較するよ。 【まだ東京で消耗してるの?】

クロエも!?


【絶対にウマい】マクドナルドからマックポテト「大学いもの味」発売決定! 本気でマック始まったかもしれない!!

定番の牛カルビを生姜と米みそをブレンドした生姜焼きダレで焼き上げた「牛カルビ生姜焼き丼」「牛カルビ生姜焼き定食」試食レビュー

この世界の片隅に、東京テアトルに夢を見させてくれてありがとう(クソ決算) : 市況かぶ全力2階建

東証から反省文を求められたデジタルデザイン、心震える改善報告書を提出 【市況かぶ全力2階建】